2010年04月17日

労組3団体からヒアリング―民主・介護議連(医療介護CBニュース)

 「民主党介護を考える議員連盟」(石毛●子会長)は4月12日に開いた勉強会で、連合、自治労、日本介護クラフトユニオン(NCCU)の各労働組合の担当者から介護従事者の処遇改善などについてヒアリングを行った。

 ヒアリングではNCCU政策部長の村上久美子氏が、1日に長妻昭厚生労働相にあてて提出した提言書の内容を説明。常勤の介護従事者の年収450万円以上を確保することや、介護保険の公費負担割合を現行の5割から6割に引き上げることなどを訴えた。
 また、自治労社会福祉局長の秋野純一氏は、介護職員処遇改善交付金の運用に関する調査の結果を提示。交付金を申請しない中小規模の事業者の中には、給与規程や就業規則などが整備されていない場合が多いと指摘した。
 さらに、連合総合政策局総合局長の中島圭子氏は、職員のキャリアパスの形成について「個別の事業所任せになっている現状がある」と指摘。経験やスキルを「社会的なキャリア」として賃金に連動させて評価する仕組みを提唱した。

 その後の質疑応答で石毛会長は、「社会が『介護が大事』と言う割には、ちゃんと(社会の中に)位置付いておらず、現場は苦労している。これからどうしていけばよいのか」と質問した。
 これに対し、NCCU会長の河原四良氏は、「社会保障、社会福祉で働く人たちをどのようにしようとしているのか、きちっとした青写真をつくる必要がある」と述べ、政治が給付と負担の在り方を提示すべきと提案した。
 秋野氏は、20年間働いて月給が20万円に満たない介護職員を例に挙げ、「これではもたない」と指摘。「誇りや頑張りを社会で支える仕組みをつくらなければならない」と訴えた。
 また中島氏は、「社会保障が政策の中で一段低い“お荷物”という感覚があるのではないか」との見方を示した上で、「介護をお荷物ではなく、社会を活性化・持続させるための基礎的なインフラと位置付け、国家戦略の中で戦略的に描いてほしい」と主張した。

【編注】
●は金へんに英


【関連記事】
マニフェストへの反映は「時間的に不可能」―介護議連の藤田氏
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長
民主の介護議連が設立総会
常勤従事者は年収450万円以上に―介護クラフトユニオンが提言書
月給制の介護従事者、報酬改定後に月9500円アップ―厚労省

東北新幹線 新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)
5年前に泊まった者です…ペンションに乳児と手紙(読売新聞)
普天間海外移設「可能と確信」…社民・照屋氏(読売新聞)
地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ(時事通信)
「内職で月10万円稼げる」と教材費詐取 5億2千万円被害か 元社長ら5人再逮捕(産経新聞)
posted by サメジマ クニオ at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

社会福祉法人経営の問題点を指摘―東京都の経営適正化検討会(医療介護CBニュース)

 東京都の社会福祉法人経営適正化検討会は4月8日までに、都内の社会福祉法人の経営状況について分析し、その問題点を指摘した「中間のまとめ」を発表した。それによると、経営に問題を抱えた法人では、運営や資金繰りの状況を把握できないほど形骸化した法人本部や、法人の資産を流用する経営者も見られたという。今後、都では法人関係者を集めた研修を実施するなどして、問題の解決を目指す。

 東京都によると、2008年度に社会福祉法人に対して指導検査を実施した総件数は250件。最も多かった内容は「経理事務処理が不適切」(78件)で、次いで「理事会等の開催が不適切」(44件)、「定款が不備または実態と不一致」(25件)となっている。

 こうした状況を受け、同検討会では都福祉保健局指導監査部と協力し、都内の社会福祉法人の経営状況について改めて分析した。その結果、「計画的な人材育成が実現できず、利用者サービスの質が低下している」「職務内容が不明な常務理事など、職名と業務の関連が疑われる役員が存在」「経営の公正性や透明性が確保できておらず、職員やサービスの質が確保できていない」などの問題の抱える法人が確認された。中には、「法人の資産と、個人の資産・債権が混同されている」「法人本部はあっても運営状況や資金繰りを掌握できていない」といった例もあった。

■「法人間の差が拡大」と都 

 同部の村田由佳指導調整課長は「一方で、極めて良好な経営を手掛ける法人も多く、問題を抱える法人との差が拡大している。今年度以降、理事会や法人本部の関係者を対象とした機能強化研修を実施するなどして、その差の解消に努めたい」と話している。


【関連記事】
社会福祉法人の経営適正化を推進‐東京都
社会福祉法人の管理などで説明―社会・援護局
社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長
介護保険サービスへの監査が急増−東京都
社会福祉法人の合併、07年度は9件

関西プレスクラブが例会 京都吉兆社長が講演 大阪(産経新聞)
参院選へ新党結成=10人以上を擁立−山田杉並区長ら(時事通信)
自民が臨時役員会(時事通信)
阪大病院で輸血ミス、救急搬送の女性死亡(読売新聞)
ペット葬儀、トラブル多発「法規制必要」(産経新聞)
posted by サメジマ クニオ at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

阿久根市議会、特別委に再び課長が出席拒否(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市議会の総合計画特別委員会が7日、開かれた。

 しかし説明を求められた課長は出席せず、特別委はこの日の審議を打ち切り、散会した。

 竹原信一市長(51)らが出席や説明をしなかった新年度予算案に続いて執行部が説明を拒否する事態となった。

 市総合計画は今年度から10年間の市政の基本構想を示すもので、地方自治法で策定を義務付けている。市長は2月の市議会初日に提案し、市議会は総合計画特別委(15人)を設置して今月7日以降、各課長らへ説明を求める予定だった。

 議場では、審査方法を巡り、反市長派と市長派の市議同士が激しく口論する場面もあった。委員会は12日に再開することを決めた。

 同市議会では、3月の予算特別委員会などでも各課長らが「市長の命令で説明できない」などと答弁を拒否するケースが相次いだ。

桜前線東北入り間近 民間3業者予想(河北新報)
<相続税法違反>遺産2億円脱税…開業医の遺族、国税が告発(毎日新聞)
閣僚外遊、随員最小限に=枝野行政刷新相(時事通信)
<児童支援施設>外部監視を強化 虐待事件で厚労委(毎日新聞)
東京消防庁に東久留米市も=35年ぶり消防事務受託(時事通信)
posted by サメジマ クニオ at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。